プラセボのレシピ

プラセボのレシピ header image 1

ほぼ日更新 「性依存症」教育講演 ⑰

2020年02月14日 · 依存症

行為依存症の動機づけ面接

行為依存症には痴漢、盗撮、露出、覗(のぞ)き、病的賭博、病的窃盗といったものがあります。

ただし、痴漢などの性犯罪や窃盗行為はそれ自体が犯罪であるため、それらを「病気」と説明してもなかなか理解が得られません。

そこで、私はいつも患者さんやそのご家族に対しては、同じ行為依存症である病的賭博(以下:ギャンブル依存症)について説明を行い、そこから同じカテゴリーである痴漢の理解へと繋げています。

ギャンブル依存症は、年齢にもよりますが、平均500万円前後の借金を抱えた状態で、私の外来を訪れます。

しかし、彼らが全員「自分は病気である」と認識しているかというと、そうではありません。

先日も「競馬で借金を作ってしまい、実家から200万円、嫁の実家からは300万円埋めて貰った」という方が奥様と来院されたのですが、彼は待合室で「スマホ用の競馬サイト」を見ていたのです。

また、診察の順番となりお呼びすると、私の顔を見るや否や「呼ぶのが遅い」「待たせすぎだ」などと怒り出す方や、「なんで俺が精神科なんだ。ふざけんな」などと大声をあげる方もいるのです。

これが同じ行為依存症でも、痴漢や盗撮ですと治療への導入はスムーズにいくことが多いのです。

なぜなら、彼らの多くは逮捕歴があり裁判なども控えているため、弁護士からも治療を勧められているからです。

しかし、これが合法のギャンブルとなると難しいのです。

もちろん、私だって怒鳴られたり大声を上げられたりしたら「そうでしたか。では、どうぞお帰りください」と言いたくもなります。

しかし、やっとの思いで連れて来られたご家族のことを考えると、むげにもできないわけです。

そこで「本日は、○〇さんの借金のことで奥さまが心配されていたので、私が診察をご案内しました」と前置きし、

「ところで、○○さんは今後、競馬についてどうなさるおつもりですか」

と尋ねます。

すると、大抵は「今後は小遣いの範囲内でやるから心配ない」「取り返したらやめるので、それまでは続ける」といった答えが返ってくるのです。

そこで私が「『勝てるから』とか、『取り返したら』ということは、お金のために競馬をされているのですね」と尋ねると、「まあ、そうだな」となるのです。

そして、そうこうしている内に患者さんはしびれを切らせ「もう、いいから帰らせろ」とか「俺は病気でもなんでもない」という展開になるのです。

ここまで来ると、動機づけまではあと一息です。

私が「分かりました。では、今から一つだけ質問をしますので、もし答えることができたなら、どうぞお帰りください」と伝えると、患者さんは「分かった」とか「早くしろ」と必ずこの提案に乗ってくるのです。

そこで私は「○○さんは競馬をされている理由を『お金のため』とおっしゃいましたが、では、もし宝くじで5億円当たったなら、何に使いますか」と尋ねるのです。

すると、患者さんは必ず「えっ、……」と言葉につまり「分かんねえ」とか「考えたこともない」と答えるのです。

私が「でも、先ほど○○さんは競馬を『お金のため』とおっしゃっていたのに、お金が入った際の使い道が分からのはおかしくないですか」と続けると、「だから、分かんねえーよ」となり、

「では、お約束した通り、まだ帰れませんね」という展開になるのです。

(次回に続く)

プラセボのレシピ:第400話

東京都豊島区にある心療内科・精神科
ライフサポートクリニック https://life-support-clinic.com/
(有楽町・副都心線 千川駅 徒歩0分)

当院は、カウンセリング治療を大切にするメンタルクリニックです。うつ病や不安障害に加えて、依存症や発達障害の治療を受けることも可能です。

https://life-support-clinic.com/

コメントは受け付けていません。タグ :

ほぼ日更新 「性依存症」教育講演 ⑯

2020年02月13日 · 依存症

前置きが長くなりましたが「物質依存症」の説明を踏まえて「行為依存症」の説明に入りたいと思います。


読者の皆さんに質問をさせて欲しいのですが、「痴漢をする人の性欲は強い」のでしょうか。

「強いか弱いか」と聞かれたなら、なんか「強そう」な印象はあると思います。

しかし、もしも「強い」と思われたなら

性欲の強い男性が女性のお尻を触ったなら、彼らはそこで自身の行動をストップできるのか ?

と問われたならいかがでしょうか。

おそらく、もしも彼らの性欲が「強い」のであるなら、触るだけでは済まないはずなのです。


痴漢した動機について「性欲」を挙げる加害者の方は少なくありません。

しかし、これも否認という症状なのです。

なぜなら痴漢行為をする方の多くは、「射精を目的として」痴漢をするわけではないからです。

巷には「痴漢や盗撮は性欲が強い人が行なう」という考えのもと、女性ホルモンを投与する治療者もいるようですが、もちろんこうした薬剤で痴漢を止めることはできません。

なぜなら繰り返しになりますが、痴漢と性欲の強弱は無関係だからです。


実際、私の外来には

「女性ホルモンを投与され、副作用で胸は大きくなったが、痴漢は止まらない」

という方が何人も訪れているのです。


ただ、中には「性欲も絡んでいる」という方がいるのも事実です。

具体的には、

「過去にしてきた痴漢行為を思い出してマスターベーションをする」

「自身で撮った盗撮画像を用いてマスターベーションする」

といった具合です。

しかし、そのような方は極少数で、患者さん全体では一割未満だと言えるのです。

(次回に続く)

プラセボのレシピ:第399話


東京都豊島区にある心療内科・精神科
ライフサポートクリニック https://life-support-clinic.com/
(有楽町・副都心線 千川駅 徒歩0分)

当院は、カウンセリング治療を大切にするメンタルクリニックです。うつ病や不安障害に加えて、依存症や発達障害の治療を受けることも可能です。

https://life-support-clinic.com/

コメントは受け付けていません。タグ :

「バイキング」さんにコメントを寄稿しました

2020年02月10日 · 依存症

_20200210_1501551581314446870

 

テレビ局のディレクターさんより、

「ピエール滝さんの、早期復帰のメリットとデメリットを教えてください」

と質問を受けたのですが、

早期復帰はご本人側の事情からはメリットしかなく、

一方でデメリットは社会の悪意からもたらされる

という旨をお伝えました。


東京都豊島区にある心療内科・精神科
ライフサポートクリニック https://life-support-clinic.com/
(有楽町・副都心線 千川駅 徒歩0分)

当院は、カウンセリング治療を大切にするメンタルクリニックです。
うつ病や不安障害に加えて、復職支援や依存症、発達障害の治療を受けることも可能です。

https://life-support-clinic.com/

コメントは受け付けていません。タグ :

ほぼ日更新 「性依存症」教育講演 ⑮

2020年02月06日 · 依存症

続・ドーパミンについての補足

そしてドーパミンの最後の説明になるのですが、

ドーパミンは、自分のしたいことが「できるかも」と感じた際にも脳内で放出されます。

小学生時代の遠足を思い起こしてください。

皆さんは「どんなタイミング」が一番ワクワクしたでしょうか。

目的地の「日光東照宮」や「華厳の滝」に到着したときでしょうか?

そうではありませんよね。

おそらく、多くの方が遠足の前日の「明日は遠足!」

こんな時が最もワクワクした気持ちとなり、おやつの買い出しや翌日の準備に取り組んでいたはずなのです。

そして、この時の「やる気のスイッチ」こそがドーパミンの作用なのです。

「できるかも!」「やれそうだ!」

こうした期待が高まるとドーパミンは脳内で分泌され、人をその行動に駆り立てるのです。

覚せい剤で何度も刑務所に入った方の話によると、多くの方が刑務所にいる間は「もう手を出さない」と誓うそうです。

しかし、それは刑務所内で不自由を強いられているからではなく、刑務所内では覚せい剤を「やる術」がないため(「できそう」と思えないため)ドーパミンが分泌されないだけなのです。

しかし、そんな方が出所して「薬が手に入る」と感じると、とたんにドーパミンは分泌され、再び薬物に手を染めてしまうのです。

では、こうした物質依存症の理解を次回からは行為依存症である「痴漢」や「盗撮」について解説をしていきます。

(次回に続く)

プラセボのレシピ:第398話


東京都豊島区にある心療内科・精神科
ライフサポートクリニック https://life-support-clinic.com/
(有楽町・副都心線 千川駅 徒歩0分)

当院は、カウンセリング治療を大切にするメンタルクリニックです。うつ病や不安障害に加えて、依存症や発達障害の治療を受けることも可能です。

https://life-support-clinic.com/

コメントは受け付けていません。タグ :

ほぼ日更新 「性依存症」教育講演 ⑭

2020年02月05日 · 依存症

ドーパミンについての補足

では、あともう二つほど「ドーパミンが分泌される場面」を説明させてください。

医療ドラマなどの「瀕死の患者さん運ばれてきた」なんてシーンで、「カンフル打って」とか「アドレナリン持ってこい」なんてセリフを聞かれたことはあるでしょうか。

実は、あれらは全てドーパミン系の薬剤で、救命救急の現場ではドーパミンを「強心剤」や「昇圧剤」として用いています。

あとは市販の栄養ドリンクやエナジードリンクも同様で、あの中に含まれるカフェインがドーパミンの分泌を促すことで心拍数や体温が上昇し、「元気になった」気がするのです。

つまりドーパミンとは「快」という感情をもたらすだけでなく、ストレスがかかった際に分泌される「ストレス対抗物質」でもあるのです。

急な残業を命じられ「嫌だなー」「なんで自分が」と思っても、脳内でドーパミンが分泌されることで、「仕方がない」「さっさと終わらすか」といったやる気のスイッチが入るのです。

ところが、日常的に薬物やタバコ、エナジードリンクなどを用いてドーパミンを出していると、ストレスが生じた場面でドーパミンが出なくなるのです。

つまり喫煙者は、「ストレスが多いのでタバコを吸う」のではなく、「タバコを吸っているためにストレスに弱い」可能性もあるのです。

実際、私も過去にタバコを吸っていた時は、極めて弱いメンタルだったと思います。

一人で道を歩いていても、横断歩道が赤信号なだけで「チッ」となり、タバコに火をつけていました。

ようは、赤信号すら待てないわけです。

車の運転中も、大渋滞ならまだしも、少し混んだだけでタバコに手が伸びてしまうのです。

こうなると、もう完全に悪循環ですよね。

「ストレスを感じるとタバコを吸い、タバコを吸えば吸うほどストレスに弱くなる」

これは本当に怖い話です。

誤解しないで頂きたいのですが、私は「だからタバコはやめましょう」と言いたいのではありません。

タバコでも薬物でも、もし止めたいのであれば、このような脳科学を理解することが欠かせないことを理解して頂きたいのです。

(次回に続く)

プラセボのレシピ:第398話


東京都豊島区にある心療内科・精神科
ライフサポートクリニック https://life-support-clinic.com/
(有楽町・副都心線 千川駅 徒歩0分)

当院は、カウンセリング治療を大切にするメンタルクリニックです。うつ病や不安障害に加えて、依存症や発達障害の治療を受けることも可能です。

https://life-support-clinic.com/

コメントは受け付けていません。タグ :

ほぼ日更新 「性依存症」教育講演 ⑬

2020年02月04日 · 依存症

リバウンドを「依存症」の視点から解説します

リバウンドというダイエット用語を聞いたことはあるでしょうか。

これは、「食事制限でいったんは痩せた体重が、ダイエット以前より増えてしまう現象ですが、なぜこうしたリバウンドは起こるのでしょうか。

「急なダイエットをすると、痩せにくい体質になります」

「食事制限では筋肉ばかり落ち、基礎代謝が下がるから」

こうした解説をする運動や栄養の専門家は少なくありません。

しかし、これは誤りなのです。

なぜなら、体質はDNAをいじらなければ変えられませんし、一般女性の筋肉量などたかが知れているからです。

そうではなく、リバウンドが起きる本当の原因は「ドーパミンの感作と耐性」なのです。

巷では「炭水化物を一切とらない」なんてダイエットが流行っていますが、多くの方が痩せた後、リバウンドしてしまうのです。

なぜなら、私たち日本人の多くが「お米に依存している」からです。

お米だけは毎日食べても飽きませんし、どんなに作るのが大変であっても、昔から作り続けています。

また同じ炭水化物であっても、リンゴやジャガイモでは、お米の代替えにはならないのです。

そして、私がここで言いたいことは、

「そんなお米を長らく断った後に食べたなら、何が起こると思いますか」

という話なのです。

そうです。感作によって大量のドーパミンが放出され、

「やっぱり、お米って美味しい」

となり、その後は「もう一回だけ」という無意識が働いてしまうのです。

しかし、感作はもう起きません。

そのため「食べても食べても、お腹が空く」などと言いながら、大量に食べ続けてしまうのです。

これは、本当のところは「食べても食べても、ドーパミンが出ない」が正しい表現なのです。

そして、「元の洋服が入らない」という痛みや、「ダイエット前の体重+α」まで増えた所で、ようやく過食は止まるのです。

少し長くなりましたので、いったんここでの話をまとめてみますと

・依存症の治療では、科学的な「正しい知識と理解」が大切となる。

・依存症の正体は、「快」という感情をもたらすドーパミンである。

・この脳内物質は、「食事」「性的な活動」「業務の終了」の際に分泌される

・ドーパミンには「耐性」と「感作」という特性がある

(次回に続く)

プラセボのレシピ:第397話


東京都豊島区にある心療内科・精神科
ライフサポートクリニック https://life-support-clinic.com/
(有楽町・副都心線 千川駅 徒歩0分)

当院は、カウンセリング治療を大切にするメンタルクリニックです。うつ病や不安障害に加えて、依存症や発達障害の治療を受けることも可能です。

https://life-support-clinic.com/

コメントは受け付けていません。タグ :

ほぼ日更新 「性依存症」教育講演 ⑫

2020年02月03日 · 依存症

依存症の再発について

「再発」についても話をしてみたいのですが、例えばアルコール依存症の世界では「もう20年、お酒を飲んでいない」という患者さんはたくさんいらっしゃいます。

しかし、そんな方が娘の結婚式などで「今日だけは特別」と言って飲んだらどうなるでしょうか。

本人はもちろん、家族だってお酒を20年も断てってきた実績から

「1回、飲んだところで、また次の日から断酒を再開すればいいじゃないか」

と考えるわけです。

しかし、残念ながらその後、大変なことが起きてしまうのです。

なぜならドーパミンには「耐性」に加えて、「感作」という特性があるからです。

これは、

「長らくお酒を断っていたアルコール依存症の人がお酒を摂取すると、大量のドーパミンが脳内に分泌されてしまう」

という特性で、つまり患者さんはとてつもない快楽を得てしまうのです。

これは、私たちが「10年ぶりにお寿司を食べた」なんて場面をイメージすると分かりやすいかもしれません。

すると、患者さんの中では意識というより無意識のレベルで

「せめてもう1回、あの感動を」

となり、必ずお酒に手が伸びてしまうのです。

しかし、飲んだところで期待していたレベルの感動はもう味わえません。

なぜなら「感作」は一度きりだからです。

つまり期待していた幸せが空振るわけです。

ただし、当の本人はそんな理屈を知るよしもないため、

「もう少しだけ」「もう一日だけ」

となり、そこに耐性もあいまって、あっという間に「朝からお酒が止まらない」「お酒のことで、毎日家族と喧嘩する」生活に戻ってしまうのです。

プラセボのレシピ:第396話

東京都豊島区にある心療内科・精神科
ライフサポートクリニック https://life-support-clinic.com/
(有楽町・副都心線 千川駅 徒歩0分)

当院は、カウンセリング治療を大切にするメンタルクリニックです。
うつ病や不安障害に加えて、復職支援や依存症、発達障害の治療を受けることも可能です。

https://life-support-clinic.com/

コメントは受け付けていません。タグ :

ほぼ日更新 「性依存症」教育講演 ⑪

2020年01月31日 · 依存症

否認について(その2)

「タバコが美味しい」と答える方が、なぜ「否認」と言い切れるのか。

それは、喫煙している方に、

「初めてタバコを吸った時から『美味しい』と感じていたのですか」

と尋ねたなら、誰もが「いいえ」と答えるからです。

喫煙者がタバコを「美味しい」と感じる理由は「味や香り」ではなく、「吸うとドーパミンが分泌されるから」に過ぎないのです。

しかし、吸い始めた当初は、頭痛や吐き気、めまいといったタバコの副作用が出るため、「美味しくない」とか、「なぜ大人はこんなものを」と感じるのです。

しかし、吸い続けていくうちに、人はこうした身体的な副作用に慣れるため、「最近味が分かってきた」などと感じるようになるのです。

加えて、そこにドーパミンの「耐性」が加わることで、誰もがより「重い銘柄」「たくさんの本数」を求めるようになるのです。

コーヒーだって同様です。初めてコーヒーを飲んだ際に「ブラックが一番美味しい」なんて感じる人はいませんよね。

それこそ初めは、クリームや砂糖なんかをたっぷり入れて副作用を誤魔化しながら飲むわけです。

しかし、飲み続けることで副作用を感じなくなると、「砂糖ぬきで」とか「ブラックで」となり、中には離脱症状を回避するため「美味しくないけど、一日に何杯も飲む」といった方までいるのです。

物質依存症の原因について、医療職者でも、患者さんの性格や心の弱さ、つまり「依存体質」などと考えている方が少なくありません。

しかし、お酒でも薬物でも一定以上の「量 × 時間」で誰もが依存するわけですから、やはり物質依存症の根本の原因は「依存物質の存在」なのです。

そして、依存症になってしまったが最後、自力で克服することは極めて難しいのです。

次回は、「再発」について説明をしていきます。

プラセボのレシピ:第395話

東京都豊島区にある心療内科・精神科
ライフサポートクリニック https://life-support-clinic.com/
(有楽町・副都心線 千川駅 徒歩0分)

当院は、カウンセリング治療を大切にするメンタルクリニックです。
うつ病や不安障害に加えて、復職支援や依存症、発達障害の治療を受けることも可能です。

https://life-support-clinic.com/

コメントは受け付けていません。タグ :

開院記念講演会のお知らせ(2/3 満員御礼)

2020年01月30日 · 依存症

5621deba8a18b839c7a4321764bb05e8-1-709x1024

来る2月21日、院内にて依存症の講演会を行います。

すでにテーブル席は埋まっておりますが、

お席だけのご準備でしたら若干の空きがございます。

(お陰様で2月3日にて満席となりました。)

ご興味あられる方のご参加をお待ちしております。

ライフサポートクリニック
(有楽町・副都心線 千川駅 徒歩0分)

https://life-support-clinic.com/

 

コメントは受け付けていません。タグ :

ほぼ日更新 「性依存症」教育講演 ⑩

2020年01月29日 · 依存症

否認について

否認についても話をしたいのですが、依存症の方は往々にして家族やサポートする方から

「この人はすぐに嘘をつく」「二度と信じない」

などと言われてしまいます。

しかし。本当に当の本人は「自分は嘘をついている」という自覚はないのです。

ただし「自分は依存している」という事実を自覚することができないため、再犯や再使用する理由を捏造してしまうのです。

たとえばタバコを例にあげるなら、喫煙者は吸う理由を尋ねられると

「ストレスが多いから」「仕事が大変で」

などと答える方は多いでしょう。

しかし、そんな彼らが「仲間との飲み会」や「ハワイ旅行の最中」でタバコを吸わないのかと言うと、そんなことはないわけです。

結局、彼らが喫煙する理由は「タバコを吸うとドーパミンが出るから」であり、あとは「ニコチンなどの離脱症状」なのです。

喫煙者はタバコに含まれる化学物質の血中濃度が低下すると「不安」や「緊張」という離脱症状が出現するため、

「タバコを吸いたい」

といった渇望が生まれるのです。

しかし、喫煙者はその事実を自覚できないため、吸う理由を尋ねられたなら

「ストレスで」「仕事の区切りで」「習慣なので」

などと考え答えてしまうのです。

また、吸う理由について「タバコが美味しいから」と答える方もいますが、これも否認です。

なぜかというと、…

(次回へ続く)

プラセボのレシピ:第394話

東京都豊島区にある心療内科・精神科
ライフサポートクリニック https://life-support-clinic.com/
(有楽町・副都心線 千川駅 徒歩0分)

当院は、カウンセリング治療を大切にするメンタルクリニックです。
うつ病や不安障害に加えて、復職支援や依存症、発達障害の治療を受けることも可能です。

https://life-support-clinic.com/

コメントは受け付けていません。タグ :