女性自身より取材を受けました

医学は「寿命の延長」を目的に発展しました。

これは「いかに病気を防ぎ、天寿を全うするか」=「老衰死」を目指す、ということです。

しかしながら、現在、死因が「老衰」となるケースはどんどん減少しています。

なぜなら、栄養の点滴や人口呼吸器などに繋ぐことで「肺炎に感染する」「心臓が疲れ果て不整脈や血栓ができる」まで延命治療が続くからです。

老衰まで生きれるよう発展した医学が老衰死を希少化するとは、なんとも不思議な話です。

「もう仕事はしなくていい」神田正輝 老衰状態で意気消沈…入院生活も“面会謝絶”状態 | 女性自身
「神田さんは都内の大学病院に入院しているそうです。『旅サラダ』は欠席中ですが、番組には視聴者から神田さんへの励ましの声が多数届いています」(制作関係者)   唯一の出演番組『朝だ!生です旅サラダ』(ABCテレビ・テレビ朝日系)を’23年11月18日から8週連続で欠席している神田正輝(73)。12月2日の放送では、「体の...

コメント

タイトルとURLをコピーしました