2018-05

恋愛

オトコの取説[7]「占い」に学ぶ反則な「ホメ・テクニック」VOL.3

人の心の中には必ず、相反する感情が同居しています。 そこで占いのプロは、相手が日常で言われ慣れない「見た目と逆」を言い切り、相手の心を見抜いた「ふり」をするのです。 ・見るからに几帳面な人に向かって「意外と大雑把な一面がありますね」 ・遊び...
恋愛

オトコの取説[6]「占い」に学ぶ反則な「ホメ・テクニック」VOL.2

人は誰もが「まだまだ自分には隠れた魅力や才能があるはずだ」と、心のどこかで必ず感じています。 そして占いの魅力とは、まだ知りえない自分の魅力や可能性を「予見」という形で教えて貰えるところにあるのです。 では『占いの現場』では、実際どのように...
仕事

失敗が許されないのは、プロかアマか

「プロは結果が全て」という言葉がありますが、スポーツに関して、これは必ずしも正解とはいえません。 なぜなら、プロスポーツとは「チケットを売るためのショービジネス」だからです。 こうした傾向は格闘技の分野において顕著であり、たとえどんなに勝率...
恋愛

オトコの取説[5]占い」に学ぶ反則な「ホメ・テクニック」VOL.1

今回も「ホメ・テクニック」について説明していきます。 ここまでお話してきたとおり、いわゆる通常の「褒め」ではどうしても上から目線となってしまい、彼の気持ちを掴むことには繋がりません。 あなただってすごく太った男性から「スタイルいいですね」な...
恋愛

オトコの取説[4] 褒めるんじゃない。○○がるんだ!

今日も前回の続きから書いてみたいと思います。 男は褒めて欲しい生き物である一方で、褒めるという行為は同時に相手を評価することでもある、という話を前回はしました。 そして人は自分が認めてない相手から評価されると無意識に心が反発し、嫌悪感を抱い...
恋愛

オトコの取説[3] 落としたい男に「褒め」は厳禁!?

多くの女性誌などでは「とにかくお気に入りの男性を褒めましょう」なんてことが書いてあります。しかし、これって「本当」なのでしょうか。 ・職場で ・合コンや街コンで ・結婚式の二次会で 「男性との会話では常に相手を褒めることを意識しているのです...
依存症

否認こそが中核症状

東京スポーツさんに寄稿をしました。