2012-02

お金

ダマされるのは「いつ」がいいのか?

「若い時の苦労は買ってでもせよ」 この「諺」は少々「言葉足らず」だと思う。 なぜなら僕は 「もし、しなくても済む苦労であれば、それはしない方がいい」 と思うからである。(貧困、病気、昔の身分制度など) また、苦労せずとも順風満帆に人生過ごせ...
仕事

「資格取得」が好きな人

僕の周りには「資格取得」を趣味にしている人が何人かいる。 もちろん僕が「本人」に対してとやかく言うことは無いのだが そういった人達と話していると、どうも「噛み合わない」のである。 彼らは大抵、いや、その全員が 「もしもの時の為に、資格が助け...
成功哲学

続、自分探し

「自分探し」 この言葉自体は最近、あまり聞かなくなったが、まだまだこの問題を抱えている人は多いと思う。 ・自分にはまだまだ「未知の才能」があるのではないか ・今よりもっと、自分を生かせる「仕事」があるのではないか 「自分探し」を言葉にすると...
深層心理

「否認」がある事は「否認」致します。

精神科の用語で「否認」という言葉がある。(映画の「裁判シーン」でも出てくるが、それとは違う) これは「依存症の患者(アルコール、ギャンブル、ドラッグ等)」に見られる「症状」であり、この症状が現れると、患者(依存者)は、現実を直視(正しく認識...
人生

上手に「愚痴」や「怒り」を伝える方法

「むかつく」 「頭にくる」 誰しも日常で生活していると、こうした感情を抱く事は有ると思う。 「愚痴」とはそんな「怒りの感情」を誰かに共有して貰いたいがゆえに、生まれるものなのだろう。 しかし、お酒の席ならともかく、あまり「愚痴」ばかり言って...
モチベーション

自己評価について

自己評価に「正しさ」というものは無い。 自己評価なのだから。 しかし、人は誰しもその「自己評価」を越えたところではなかなか行動ができない。 となると「自己評価」は、いつも「きもち高め」に設定していた方が、人生いろいろ楽しめるのではないか と...
社会精神医学

正常と異常のはざま ②

善悪の判断がつくにも関わらず 「詐欺」「強盗」「殺人」・・などといった罪を犯す「精神健常者」。 善悪の判断がつかないが故に 「種々の犯罪」を犯してしまう人は「精神異常者」。 この事は「故意」と「過失」という言い方に置き換える事ができる。 法...
恋愛

「AKB48」vs「モーニング娘」

人はいつだって 「手中に収められそうで、ギリギリ収められない物」 に対して、強烈に「価値がある(欲しい)」と感じる。 この枠に入らないと、女性は男性から「恋愛対象」として、価値や興味を持たれる事はない。 今日もこの続きを書いていきたい。 し...