プラセボのレシピ

プラセボのレシピ header image 2

ほぼ日更新 「性依存症」教育講演 ㉘

2020年04月13日 · コメント(0) · 依存症

ちなみに、社会的に健全とされている代表的な行為の依存は「釣り」と「登山」です。

私の親戚にもおりますが、釣り好きな方は本当に釣りが大好きです。

高い道具を揃えて朝早く家を出て、そのための車まで買う人もいます。

では、彼らは「何を目的に」釣りへ出かけるのでしょう。

もちろん、その答えは「食料としての魚」ではありません。

なぜなら、それであるなら魚市場へでも行き買えばよいからです。

では、彼らは何のために魚を釣っているのか。

もちろん、その答えは、

「釣れるかどうかのドキドキ感を味わうため」

なのです。

登山だって同様です。

険しい雪山を登ったり、ものすごい崖をザイルにぶら下がって登ったり。

なぜ、彼らはそんな危険を冒してまで登るのかというと、それは「登山という行為」に依存しているからなのです。

どんなに本人が

「頂上の景色が最高で」

と話されても、ヘリコプターで頂上へ向かうことなど、全く望まないでしょうし、

「なぜ、命をかけてまで登るのか」

と尋ねたところで、

「そこに山があるから」

といった、文学的な表現でしか答えられないわけです。

もちろん、私は「釣り」や「登山」を否定したいわけではありません。

ただ本音を言うと、やはり冒険家と呼ばれる方は少し心配です。

なぜなら彼らがドーパミンを出し続けるためには、いつだって「前回よりも高いリスク」が必要とされるからです。

(次回へ続く)

プラセボのレシピ:第412話

東京都豊島区の心療内科・精神科:ライフサポートクリニック

当院はカウンセリング治療を大切にするメンタルクリニックです。

うつ病や不安障害に加えて、依存症や発達障害の治療を受けることも可能です。

タグ :

コメント(0)

コメントを受け付けておりません。