プラセボのレシピ

プラセボのレシピ header image 2

ほぼ日更新 「性依存症」教育講演 ⑯

2020年02月13日 · コメント(0) · 依存症

前置きが長くなりましたが「物質依存症」の説明を踏まえて「行為依存症」の説明に入りたいと思います。


読者の皆さんに質問をさせて欲しいのですが、「痴漢をする人の性欲は強い」のでしょうか。

「強いか弱いか」と聞かれたなら、なんか「強そう」な印象はあると思います。

しかし、もしも「強い」と思われたなら

性欲の強い男性が女性のお尻を触ったなら、彼らはそこで自身の行動をストップできるのか ?

と問われたならいかがでしょうか。

おそらく、もしも彼らの性欲が「強い」のであるなら、触るだけでは済まないはずなのです。


痴漢した動機について「性欲」を挙げる加害者の方は少なくありません。

しかし、これも否認という症状なのです。

なぜなら痴漢行為をする方の多くは、「射精を目的として」痴漢をするわけではないからです。

巷には「痴漢や盗撮は性欲が強い人が行なう」という考えのもと、女性ホルモンを投与する治療者もいるようですが、もちろんこうした薬剤で痴漢を止めることはできません。

なぜなら繰り返しになりますが、痴漢と性欲の強弱は無関係だからです。


実際、私の外来には

「女性ホルモンを投与され、副作用で胸は大きくなったが、痴漢は止まらない」

という方が何人も訪れているのです。


ただ、中には「性欲も絡んでいる」という方がいるのも事実です。

具体的には、

「過去にしてきた痴漢行為を思い出してマスターベーションをする」

「自身で撮った盗撮画像を用いてマスターベーションする」

といった具合です。

しかし、そのような方は極少数で、患者さん全体では一割未満だと言えるのです。

(次回に続く)

プラセボのレシピ:第399話


東京都豊島区にある心療内科・精神科
ライフサポートクリニック https://life-support-clinic.com/
(有楽町・副都心線 千川駅 徒歩0分)

当院は、カウンセリング治療を大切にするメンタルクリニックです。うつ病や不安障害に加えて、依存症や発達障害の治療を受けることも可能です。

https://life-support-clinic.com/

タグ :

コメント(0)

コメントを受け付けておりません。