プラセボのレシピ

プラセボのレシピ header image 2

後悔の正体について

2019年07月25日 · コメント(0) · 人生

「やらないで後悔するよりも、やって後悔するほうがいい」

といった考え方がありますが、これは全くもってその通りだと思われます。

なぜなら、「やったことで生じる後悔」とは、出来事の記憶に由来するため、必ず時間と共に忘却されますが、

「やらなかったとで生じる後悔」とは、自身の可能性に由来するため、

現状が苦しければ苦しいほど、時間と共にその気持ちが増大する傾向にあるからです。

(プラセボのレシピ:第377話)

 

タグ :

コメント(0)

コメントを受け付けておりません。