プラセボのレシピ

プラセボのレシピ header image 2

いい子をやめれば幸せになれる(第17話)

2018年06月20日 · コメント(0) · 人生, 仕事, 恋愛

「条件つきの愛」とは

最も一般的な愛の形に、親子愛があります。

さきほど、「愛」とは「〜だけど好き」な気持ちであると説明しました。

親にとっては、たとえわが子が美形でなくても、勉強があまり得意でなくても、「やっぱりうちの子供が一番かわいい」のです。

しかし、親が子供にそうしたメッセージを上手に伝えられなかったり、子供がそうした親の想いを受け取ることが苦手であったりすると、子供は自己肯定感を育むことが困難なまま成長してしまうのです。

心理学には「条件つきの愛」という言葉があります。

これは「〜だけど好き」ではなく「~であるなら好き」という愛情のことです。

私が知るかぎり、自己肯定感が不足している方は程度の差こそあれ、養育者からの「条件つきの愛」を経験していました。

ナオミさんも例外ではありません。

□ 学校や習い事の成績がよければ「いい子」
□ お手伝いをきちんとすれば「いい子」
□ 人前で親に恥をかかせなければ「いい子」

一方でテストや習い事の成績が悪かったり、親の言いつけを守らないと厳しく叱られました。

□ あなただって「やりたい」って言ったじゃない
□ あなたのためを思って言っているのになぜわからないの?
□ 妹はできるのに、どうしてあなたはできないの?

そのためナオミさんはいつも「どうすればお母さんから『いい子』と呼ばれるか」を行動の基準にして生きてきたのです。

タグ :

コメント(0)

コメントを受け付けておりません。