プラセボのレシピ

プラセボのレシピ header image 2

オトコの取説[4] 褒めるんじゃない。○○がるんだ!

2018年05月14日 · コメント(0) · 恋愛

今日も前回の続きから書いてみたいと思います。

男は褒めて欲しい生き物である一方で、褒めるという行為は同時に相手を評価することでもある、という話を前回はしました。

そして人は自分が認めてない相手から評価されると無意識に心が反発し、嫌悪感を抱いてしまうのです。以上の理由から「安易にお気に入りの男性を褒める行為は危険」とすら言えるのです。

褒めるんじゃない。○○○○○がるんだ!

なぜ、あなたは好きな人をいくら褒めても上手くいかないのでしょうか。

もしあなたが、近所の小学生から「お姉ちゃんって知的なんだね」こんな風に言われたなら「生意気な子供だなー」って感じますよね。前回話した通り、この「褒める」という行為は相手を評価する「上から目線」の行為なのです。

もしあなたが彼のタイプだったなら、あなたがどんなに上から目線で褒めたとしても彼は喜んでくれるでしょう。しかし、彼がまだあなたに対して無関心であるならば、あなたがどんなに頑張って彼を誉めたとしとも「生意気カラー」はどうしても出てしまうのです。

では、どうしたらいいのでしょうか。

結論から言うとまずは「褒める」のではなく「驚き不思議がる」のです。

突然こう言われても意味が分からないと思いますので、この「驚き不思議がる」を「不思議がる」+「驚く」に分解して説明します。

1.不思議がる

「褒める」という行為は「上から目線」というだけでなく「お世辞」や「計算」ととられる可能性もあります。しかしこれを「不思議がる」だけで 「私もあなたみたいに素敵な人なりたい」 といったメッセージを嫌味なく相手に届けることができるのです。

「不思議がる」には5W1Hである「どうやって」「いつ」「どこで」「なんで」こんな言葉を付け加えるとうまくいきます。

・いつも仕事が早いですね → どうやったらそんなに早く仕事が終わるんですか?

・その指輪、カッコいいですね → そういうのってどこで買えるんですか?

・その洋服素敵ですね → ○○さんは服のセンスをどこで磨いてるんですか?

・素敵なプレゼントをありがとう → なんで私がこれを欲しいって知ってたの!?

どうでしょう。これだけで「上から目線」を消すことができるのです。

2.驚き

「驚き」は、素直に驚けばOKです。相手に対して『驚愕・感動・動揺』こういった態度を示すのです。

これには「目を見開く」「声のトーンを上げる」「本音っぽくボソっとつぶやく」など様々なバリエーションがあります。セリフなら「えー!」「ちょ、ちょっと」「えっ……」などがそれにあたります。

 

先ほどの文章にこれを足してみるならば

・えー! どうやったらそんなに早く仕事が終わるんですか?

・えっ……なんでこれが欲しいって分かったの!?

どうでしょう。
このようにすれば、評価することなく彼の自尊心をくすぐることができるのです。

 

いつ何時も「あなたは彼を驚き不思議がる」。

たったこれだけで、彼はあなたと話すのが楽しくて仕方なくなってしまうのです。もちろん、めでたく彼と付き合って後も「驚き不思議がる」ことを忘れてはいけません。

キスの後でも、エッチの後でも 「え……! ちょっと。今、どうやったの!?」

間違いなく彼は、デレデレになりながらも「別に普通だよ」とご満悦になるはずです。

褒めるのではなく、驚き+そして彼を不思議がる。それだけでいいのです。

(本文は「オトナモテラボ」で掲載されていたものを期間限定で再掲しています。毎週月曜日更新予定です)

タグ :

コメント(0)

コメントを受け付けておりません。