プラセボのレシピ

プラセボのレシピ header image 2

オトコの取説[2]続:普通の人が見つからない?

2018年04月23日 · コメント(0) · 恋愛

「普通の人でいいんです」

こう悩む女性は、どのようにしてパートナーを見つけたらよいのでしょうか。

・清潔感 ・学歴 ・ルックス ・年収

前回、これら4項目全てが平均点以上の男性は「 16人に1人」にしぼられ 、かなり希少であることは説明しました。

しかし、そうは言ってもこれら全てはパートナーに求める大切な要素です。

ましてや結婚を前提に一生付き合うことを考えるならば「どれひとつとして妥協したくない」という気持ちもあるはずです。ではどうしたらよいのでしょうか……?

答えを言う前に、専門的な話を1つさせてください。

精神科治療の基本体系のひとつに、問題を「動かせるもの」と「動かせないもの」に分け「動かせるもの」だけを動かすことに集中する、といったものがあります。

例えば「アルコール依存症」の治療を例にあげると

動かせないもの

患者さんに対して、お酒を「嫌いにさせる」とか「飲むのを我慢させる」こういったことは不可能です。

動かせるもの

一方で、お酒を「家に置かない」「買う現金を持たせない」。これらは、同居する家族の協力で可能です。

――アルコール依存症の治療では、いくら患者さんに「飲むな」と言ってもそれは意味がなくいかに患者さんがお酒を「飲めない」「買えない」といった環境を構築していくかが治療の要となるのです。

では、この手法を「以下の4項目が、平均点以上である男性を手に入れたい場合」に当てはめ考えてみるとどうなるでしょうか。

・清潔感 ・学歴 ・ルックス ・年収

こう話すと、多くの女性が「じゃあ見た目が平均以上の人をつかまえて、その後、彼の年収が上がるように応援すればいいんですね」などと答えます。

しかし、僕はそうは思いません。

なぜなら今のこの時代、年収を「確実に」上げていくことなど至難の業だからです。つまり、年収は「動かせないもの」として考えるべきなのです。

逆に清潔感や見た目。こちらの方が「動かせるもの」なのです。

「見た目の第一印象がダメ」という理由だけで、対象の男性と距離を置いてしまう女性は少なくないように思えます。しかし、美容室でちょっと髪と眉を整え、洋服もセレクトショップのセールなどに連れて行けばそれだけで彼の清潔感や見た目は平均点には届くのです。

相手の体型が嫌ならば、へルシーな手料理を作って一緒にダイエットをするのもおすすめです。初めから、全てが「平均点以上」の男性を見つけようとするのはそれこそ至難の業です。

しかし「動かせるものは無いか」こうった視点を持つことで、あなたの恋愛対象の幅は大きく広がり、理想のパートナーを見つけられる可能性はずいぶんと高めることができるのです。

(本文は、「オトナモテラボ」で掲載されていたものを期間限定で再掲しています。毎週月曜日更新予定です)

タグ :

コメント(0)

コメントを受け付けておりません。