プラセボのレシピ

プラセボのレシピ header image 2

「完璧主義」への処方箋

2017年10月12日 · コメント(0) · 人生, 深層心理

「完璧主義の性格を治したいです」

先日、こうした相談を受ける機会がありました。

誰の中にも完璧を求めてしまう傾向はありますが、完璧主義とはいったい何なのでしょうか。

結論から言うと、完璧主義とは「自己肯定感の欠如を補うための自己救済」と、言えるのです。

本人の中には、

「自分は価値の低い存在である」

といった自己認識が存在しており、完璧な結果を出さなければ自身の存在価値が揺らいでしまうのです。

では「なぜ、そうなってしまったのか」というと、その原因は養育環境の影響が大きいのです。

・親の言う通りにしないと愛して貰えなかった

・結果を出さなければ愛して貰えなかった

こうした、いわゆる「条件つきの愛」と呼ばれる環境で養育を受けると、人は「自分」という存在に対して強い自己否定感を抱えてしまい、社会的に自立を果たしたその後も「自分は完璧でなければならない」という強迫観念を抱き続けてしまうのです。

完璧主義とは「完璧でなければ無価値である」という「オール・オア・ナッシングパターン」と表現することもできます。

しかし、どんなに才能があろうと、努力を重ねようと、常に完璧でいることは不可能です。

なぜなら、恋愛で言えば「才能や努力」よりもお互いの「相性」が重要になりますし、仕事で言えば、営業成績、昇進のスピード、企画の選考、こうしたものは運も含めた不確定要素の比重がとても大きいからです。

つまり、完璧主義とは「いつかは必ず自分を不幸に導く」恐ろしい思考パターンとも言えるのです。

こうした話をすると、自身の養育環境を責めてしまう方は少なくありません。

しかし、こうした行為は、「自分の力では自分の未来を変えられない」といった自己否定感を強化してしまうだけなのです。

では、「完璧主義」を治すためにはどうすればよいのでしょうか。

まずは「自分は愛情を求めている」ということをしっかりと認識し、その上で「自分ならどんな人を愛するのか」といった視点を持つことが大切なのです。

想像してみて欲しいのですが、もし目の前に「全てが完璧な人」がいたらどのように感じるでしょうか。

「凄いな」と尊敬する一方で、一緒に関わっていくとなると、少し息苦しさを感じてしまう人は少なくないと思うのです。

また、長年に渡って多くの方から愛されている有名人の方に目を向けてみるのもいいかもしれません。

たとえば、私は昔から「長嶋茂雄さん」と「ビートたけしさん」が大好きです。

たしかに、お二人とも多くの結果や素晴らしい功績を残されてきた、とても偉大な方です。

しかし、では「彼らの全てが完璧か」というともちろんそんなことはなく、ちょっと変わった所や失敗談的な話もたくさんあるのです。

つまり、「人は長所ではなく短所で愛される」のです。

プラセボのレシピ:第328話

 

 

 

 

タグ :

コメント(0)

コメントを受け付けておりません。