プラセボのレシピ

プラセボのレシピ header image 1

東京スポーツさんより取材を受けました

2020年09月25日 · 依存症

もしも世界から自動車が無くなったら、自動車事故はゼロになります。
 しかし、だからといって交通事故の責任を、自動車を作っている人のせいにするのはナンセンスです。
 多くの人が、自動車によって多大なる恩恵を受けているからです。
 「では、交通事故の原因はどこにあるのか?」
 自動車メーカーなのか、車体なのか、運転手なのか、免許制度なのか、交通量なのか。交通事故に関しては誰もが様々な意見に耳を傾けてくれます。
 しかし、これがことアルコールの問題となると、とたんに
 「全て当事者が悪い」
となってしまうのが、残念でならないのです。

→ コメント(0)タグ :

Rakuten インフォシーク にて取材を受けました

2020年07月27日 · 社会精神医学

「自殺の予防」について

https://news.infoseek.co.jp/article/knuckles_27272/?fbclid=IwAR3Swj2vEvG8eteK5JkP_Qih29qf5OQgrQkA_24IYdvcKxRqo7B8i7fhoEs

コメントは受け付けていません。タグ :

ほぼ日更新 「性依存症」教育講演 ㉜

2020年05月18日 · 依存症

そして、もう一つの行動療法が「二次ブレーキの設定」です。

これは、本来ブレーキの役割を果たす前頭前野が「引き金が引かれ機能停止を起こすその瞬間に、取るべき行動を決めておく」というものです。

具体例をあげてみますと、いつもパチンコ店の前を迂回して通勤しているギャンブル依存症の方が、出張先でパチンコ店を見つけてしまった際、患者さんは「あっ」と思うわけですが、

その瞬間に「すぐさま後ろを向いて逃げる」とか「家族に電話する」など、「何をするか決めておく」というのです。

馬鹿らしいと思われるかもしれません。

しかし、これは非常に価値があるのです。

なぜなら、多くの依存症の方は、この「あっ」と思った瞬間に取るべき行動を決めておらずに迷うからです。


パチンコ依存症であれば、「とりあえず店内に入ってみよう」とか、痴漢であれば「とりあえず対象のそばへ寄ってみよう」と迷いが生じ、あとはドミノ倒しのように行動が連鎖していき再発するのです。

しかし、事前に引きがねに暴露した際の取るべき行動を決めておけば、淡々とその行動を取ることで再発は防止できるのです。

もちろん練習も大切です。

私は過去に、ギャンブルの患者さんに「パチンコ店を見つけてしまったと仮定してダッシュする練習」をして貰ったこともあります。

社会で生活している限り、引き金が引かれてしまうリスクをゼロにすることはできません。

「ラッシュには絶対に乗らない」と決めていても、人身事故や大雪の影響で社内が混んでしまうことはあるわけです。

であるなら「そのとき何をするのか」を事前に決めておき、練習もしておけばよいのです。


これは、大層なものでなくても構わないのです。

痴漢であれば、最も簡単な二次ブレーキは目をつぶることです。

・少しでも車内が痴漢ができそうな状態になったなら、次の駅に着くまで目をつぶる

・次の駅に着いたら理由の如何に関わらず電車から降りる

こうしたことを決めておくだけで、「ラッシュに乗らないと決めていたが車内が混んでしまった」なんて場面でも、再犯を繰り返さずに済むのです。

私が診てきた患者さんの中で、最も感心させられた二次ブレーキは「防犯ブザー」でした。

その方は「もし混んでしまった時に」と、自身で防犯ブザーを用意され「自分で引く」と決めていたのです。

彼は、かれこれ〇〇回、痴漢で逮捕歴がある方で、刑務所にも数回入っていたのですが、「よく考えられたなあ」と思います。

さすがに防犯ブザー鳴り響いたら、痴漢どころじゃなくなりますからね。

驚くべきことに、彼はその後、本当にブザーを引くことで、二度も自身のピンチを乗り切られたのです。


では、これをもちまして性依存症の教育講演の終わりとさせて頂きます。(了)

プラセボのレシピ:第416話

東京都豊島区の心療内科・精神科:ライフサポートクリニック

当院はカウンセリング治療を大切にするメンタルクリニックです。

うつ病や不安障害に加え、依存症や発達障害の治療を受けることも可能です。

コメントは受け付けていません。タグ :

WHOの掲げる「性依存症」とは

2020年05月11日 · 依存症

2019年6月、WHOは国際疾病分類(ICD10)を30年ぶりに更新。
ICD11を発表しました。

それによると、これまで「性嗜好の障害」とされていた、

・窃触症(痴漢)や窃視症(のぞきや盗撮)、露出症
・フェチズム、小児性愛
・強制わいせつ、強制性交

病態は「パラフィリア障害」と名称が変更され、

・頻回の風俗店利用やポルノやアダルの閲覧
・過度なマスターベーションや複数の性的パートナを持つ、

といった性の衝動の過剰病態を「強迫的性行動症」と新たに名称の新設をしています。

性依存症とは上記のパラフィリア障害と強迫的性行動症のことを指すのですが、どちらも専門治療(認知行動療法や対人関係療法)が必要であり、

ライフサポートクリニックでは、専門医による性依存症の認知行動療法や対人関係療法を保険診療で行っています。

上記症状でお困りの方は、まずはお気軽にお問い合わせください。

東京都 豊島区の心療内科・精神科:ライフサポートクリニック

当院はカウンセリング治療を大切にするメンタルクリニックです。
うつ病や不安障害に加え、依存症(性・ギャンブル・窃盗・薬物)や、
発達障害の治療を受けることも可能です。

コメントは受け付けていません。タグ :

新型コロナウイルスとハームリダクション

2020年05月08日 · 社会精神医学

Friday にインタビューが掲載されました。

収束の条件は「特効薬・ワクチン・集団免疫」の3択である

をベースとして書かれています。

https://friday.kodansha.co.jp/article/112261

コメントは受け付けていません。タグ :

ほぼ日更新 「性依存症」教育講演 ㉛

2020年05月05日 · 依存症

ここからは、私が考案した行動療法「THE TPO」について説明をしてみます。

依存症とは「意志が弱い」のではなく、条件がそろう(引き金が引かれる)と逆らえない病気でした。

覚醒剤依存症であれば目の前に覚せい剤があれば、ギャンブル依存所であればお金を所持した状態でパチンコ店を発見したなら、

どんなに「二度としない」と決めておいても役に立たず、逮捕や破産への恐怖も吹き飛んでしまうのです。

であるならば、依存症の患者さんがすべきことは、

「自身の引き金を特定し、それが引かれない(引けない)よう前もって潰しておく」

ことなのです。

私は引き金を、以下の6種類に分類し(THE TPO と名づけています)、全ての患者さんがノートに整理をしています。


T(ツール)   :道具 

H(ヒューマン ):人物

E(エモーション):感情

T(タイム)   :時間

P(プレイス)  :場所

O(アザー)   :その他


Tは、問題行動をするための「道具や手段」です。

・お酒やギャンブルなら現金

・盗撮ならスマホやカメラ

・薬物なら売人の連絡先

・窃盗ならチャックのないトートバッグ

・痴漢なら素手

などで、ネットの掲示板などで薬物を購入したり、オンラインで馬券を購入していた方は、パソコンやスマホも「T」となります。


Hは、問題行動をする際の「対象や仲間など」です。

・アルコールや薬物なら使用する仲間や売人

・盗撮ならスカートの女性

・ギャンブルなら競馬仲間

・露出や窃盗なら一人ぼっち

などで、「親やパートーナと喧嘩をするとやってしまう」なんて方は、その方も「H」となります。


Eは、行為を誘発する感情(気分)です。

これらは直接的に避けのは困難ですが、

・怒りや不安

・孤独や寂しさ

・退屈

・疲労感

などで、上記の「H(ヒューマン)」とも関連があります。


Tは、問題行動を行っていた時間帯です。

・痴漢ならラッシュアワー

・アルコールなら、仕事が終わったら

・ギャンブルなら休日のお昼から

などとなります。依存症の方は「忙しいとその反動で(問題行動を)やってしまう」なんて方は多いのですが、「暇が最大のリスク」という方も多いです。


Pは、問題行動に繋がる場所です。

・痴漢なら満員電車

・盗撮なら書店やエスカレーター

・窃盗ならスーパーやドラッグストア

・ギャンブルならパチンコ店や馬券売り場

などで、盗撮なら「専用のカメラ」を販売しているお店(ネット上含む)」なども該当します。


Oは、上記以外でその方固有の引き金があれば書き出します。

痴漢や盗撮であれば「そうしたアダルトコンテンツを見ると、やりたくなる」

ギャンブルであれば関連するユーチューブの動画やパチスロの雑誌が、

アルコール依存症の方であれば、「ノンアルコールビールが引き金になる」なんてケースは多いです。

Oの「アザー」に関してもう少し説明をしますと、

問題行動が痴漢の方は、なぜ「痴漢系のアダルトを見ない」が大切なのか。

これは、人は依存対象に関する疑似的な行為や物質でも脳内でドーパミンが分泌されてしまうからです。

ギャンブル依存症の治療を進めていくと、

「YouTubeでパチスロの動画を見ていれば代替えになります」

「パチンコ店に入って、他人が打っているのを見れば満足できたので、この戦法でいきます」

なんて話す方は少なくないのですが、それで成功する方はいないのです。

なぜなら、ドーパミンの耐性により、疑似的な行動だけではやがて出なくなってしまうからです。

ノンアルコールビールも例外ではありません。

「最近のは美味しいからこれでいきます」

なんてアルコール依存症でない方でも話しますが、多くの方が時間が経つと元のビールに戻ってしまうのです。


このように、私の治療では全ての患者さんに「THE.TPO」設定して貰い、一生涯その引き金が引かずに済むような「行動のルール」を設定するのです。

「一生涯」なんて言うと、大げさに聞こえるかもしれません。

しかし、アルコールでも痴漢でもギャンブルでも、脳内にできた依存症の回路を消すことはできません。

依存症になった脳をなる前の脳に戻すことはできないのです。

ただし、引き金さえ引かれなければ問題行動の再発や再犯は防げるのです。

「二度としない」ではなく「生涯、引き金を潰し続ける」

これこそが依存症から人生を回復へと導くキーワードなのです。

(次回へ続く)

プラセボのレシピ:第415話

東京都豊島区の心療内科・精神科:ライフサポートクリニック

当院はカウンセリング治療を大切にするメンタルクリニックです。

うつ病や不安障害に加え、依存症や発達障害の治療を受けることも可能です。

コメントは受け付けていません。タグ :

ほぼ日更新 「性依存症」教育講演 ㉚

2020年04月29日 · 依存症

そして、補足となるのですが、

「ネットで仲間を募って集団で痴漢をする」

「夜間、女性を物色し強姦を繰り返す」

といったケースを私は性依存症と呼んでおりません。

なぜなら、このような反社会的な行動を繰り返すケースでは、依存症に特徴とされる「否認」や「強い後悔」といった症状がみられないからです。

あとは、女性に多いケースとして、

自分では「私はギャンブル依存症です」と思われている方も、よくよくお話を聞いてみると、「幼少期(思春期)より生き辛さを抱えられていた」なんて方がいらっしゃいます。

その場合、症状から「ギャンブル依存症」という診断は下されたとしても、問題行動の背景にあるのは

「自分が何者であるかが分からない」という自己空虚感」

「大切な人から見捨てられるてしまうのでは」という強い不安

「プライドと劣等感がもたらす激しい怒りや寂しさ」

などであるため、治療は物質依存症に準ずる「居場所の提供」や「生きがいの創出」などが大切となります。

そろそろ本講演も終わりとなるのですが、では「痴漢の治療は何か」というと、一つ目は病気に対する正確な知識と理解でした。

「痴漢はばれないように始まり、必ずバレるまでエスカレートする」

という事実をドーパミンの耐性や感作と絡めて理解するのです。

そして、もう一つは、できてしまった依存症の脳内回路を刺激しない「仕組み作り(行動療法)」となります。

具体的には、

ギャンブル依存症であれば「現金を持たない」

盗撮を止められない方であれば「カメラを持たない」

といった具合です。

心理学ではこうした問題行動に結びつく要因を「引き金」と呼ぶのですが、私はこれを「T・H・E・T・P・O」という項目に整理して治療をしています。

(次回に続く)

プラセボのレシピ:第414話

東京都豊島区の心療内科・精神科:ライフサポートクリニック

当院はカウンセリング治療を大切にするメンタルクリニックです。

うつ病や不安障害に加え、依存症や発達障害の治療を受けることも可能です。

コメントは受け付けていません。タグ :

新型コロナウイルスによる「うつ」を防ごう!

2020年04月22日 · 健康

東スポさんから取材を受けました。

外出自粛を破ってしまう人の心理について

 

コメントは受け付けていません。タグ :

ほぼ日更新 「性依存症」教育講演 ㉙

2020年04月19日 · 依存症

では、最後に治療の話をして本講演を終えたいと思います。

物質依存症と行為依存症では、原因が異なるため治療も少なからず異なります。

物質依存症の原因は「時間×量」でした。

そのため治療は「患者さんが該当物質を長らく使い続けることになった背景」を探ることが欠かせません。

「相談相手がいない」

「人に頼るのが苦手」

「職場でのスキル不足」

「知的障害や発達障害を抱えていた」

このように、原因は人それぞれですが、まずは治療者が「患者さんの生い立ちや性格」を詳細に聞き取り、相手を受容してあげることが欠かせないのです。

一方、プロセス依存症の原因は「ビギナーズラック」でした。

つまり、痴漢でもギャンブルでも、依存症になってしまった原因と「生い立ちやストレス」などは関係が薄いのです。

もちろん治療者が患者さんを理解するためには、こうした情報は欠かせません。

しかし、

「過去を遡って、問題行動の原因を探る」

「幼少体験を語ることで再犯を防ぐ」

「ミーティングでストレスを吐き出す」

なんてことをしても、再犯予防にはあまり繋がらないのです。

(次回へ続く)

プラセボのレシピ:第413話

東京都豊島区の心療内科・精神科:ライフサポートクリニック

当院はカウンセリング治療を大切にするメンタルクリニックです。

うつ病や不安障害に加え、依存症や発達障害の治療を受けることも可能です。

コメントは受け付けていません。タグ :

ほぼ日更新 「性依存症」教育講演 ㉘

2020年04月13日 · 依存症

ちなみに、社会的に健全とされている代表的な行為の依存は「釣り」と「登山」です。

私の親戚にもおりますが、釣り好きな方は本当に釣りが大好きです。

高い道具を揃えて朝早く家を出て、そのための車まで買う人もいます。

では、彼らは「何を目的に」釣りへ出かけるのでしょう。

もちろん、その答えは「食料としての魚」ではありません。

なぜなら、それであるなら魚市場へでも行き買えばよいからです。

では、彼らは何のために魚を釣っているのか。

もちろん、その答えは、

「釣れるかどうかのドキドキ感を味わうため」

なのです。

登山だって同様です。

険しい雪山を登ったり、ものすごい崖をザイルにぶら下がって登ったり。

なぜ、彼らはそんな危険を冒してまで登るのかというと、それは「登山という行為」に依存しているからなのです。

どんなに本人が

「頂上の景色が最高で」

と話されても、ヘリコプターで頂上へ向かうことなど、全く望まないでしょうし、

「なぜ、命をかけてまで登るのか」

と尋ねたところで、

「そこに山があるから」

といった、文学的な表現でしか答えられないわけです。

もちろん、私は「釣り」や「登山」を否定したいわけではありません。

ただ本音を言うと、やはり冒険家と呼ばれる方は少し心配です。

なぜなら彼らがドーパミンを出し続けるためには、いつだって「前回よりも高いリスク」が必要とされるからです。

(次回へ続く)

プラセボのレシピ:第412話

東京都豊島区の心療内科・精神科:ライフサポートクリニック

当院はカウンセリング治療を大切にするメンタルクリニックです。

うつ病や不安障害に加えて、依存症や発達障害の治療を受けることも可能です。

コメントは受け付けていません。タグ :