プラセボのレシピ

プラセボのレシピ header image 2

なぜ人は目標を達成したがるのか?

2019年10月18日 · コメント(0) · 人生, 仕事

・スポーツの大会で優勝する
・希望の学校や資格試験に合格する
・起業して成功する
・理想の相手と交際(結婚)する

人には人の数だけ目標があるわけですが、それが達成ができるか否かの「心の持ちよう」はどこにあるのか。

今日はそんなテーマについて考えてみます。


 

成功がしたければ、

・モデリング(成功者の模倣)をしましょう
・運気を上げることが大切です
・自分の強みを知りましょう
・強く願うことで、引き寄せることができます
・潜在意識を使うのです
・心理学論文のサマリーをお届けします

書店に行くと、こうした「目標達成」のハウツー本は山のように並んでおり、最近は動画配信でこうした話を熱く語る方もいるようです。

もちろん僕は、これらの理屈や方法論を否定するつもりはありません。

しかし、いくら書籍や動画でこうした情報を得ようとも、それが個人の目標達成に繋がるのかと言うと、僕は懐疑的なのです。

なぜなら、試合の勝ち負けや合格の成否、起業の成功などは、

・敵やライバルのコンディション
・競合の有無

といった自分ではコントールができない要因も大きく影響するからです。
(相手に「呪い」でもかけられるのなら話は別ですが)


 

では、目標を達成するにあたり最も大切な「心の持ちよう」は何なのか。

おそらくその答えは、

「何か特別な方法を学ぶ」

といった、意識や(逃避的な)向学心ではなく、

「今日の自分の行動は、目標達成の確立を上げたのか、下げたのか」

ただただ、その一点にのみ焦点を当て、自身の行動を日々振り返る、意識と勇気だと思うのです。

プラセボのレシピ:第382話

「なぜ、自分は目標を達成したいのか」と問われたなら、誰もが「その結果、自分は幸せになれるからです」と答えると思います。しかし、真の幸せとは、一日の終わりに能動的に動いた自分を振り返り「今日もまた目標達成の確立を上げることができた」と実感できること、すなわち「達成に近づくプロセス」こそがその正体なのです。

タグ :

コメント(0)

コメントを受け付けておりません。