プラセボのレシピ

プラセボのレシピ header image 2

行為依存症とは、PTSDである!?

2018年12月11日 · コメント(0) · 依存症

今日は、痴漢や盗撮、ギャンブル依存症などに代表される「行為依存症」の原因について書いてみたいと思います。

結論から言うと行為依存症の原因はビギナーズラックです。
「最初にドカンと当たったから」ただそれだけなのです。

私はこれまで「競馬は止められないけど、競艇(競輪)は止めている」なんて方にたくさん会ってきました。

そこで「なぜ競艇は止められたのでしょう」と尋ねると、誰もが「競艇はつまらなかったから」と話されるのです。

しかし、ギャンブルにおいて「つまらなかった」なんて理由は有って無いようなもので、ようはそれで「勝てなかった」だけなのです。

つまり、誰だって(それこそ依存症になってしまった方であっても)、もし初回のレースで数万円負け、二回目でも数万円負けていたなら、

「ギャンブルなんてくだらない」「二度とするもんか」という価値観になるわけです。

しかし、不幸にも「初回で」または「大きく負ける前に」ドカンと当たってしまうと人はその記憶に縛られ、

「○○にお金を賭ける」といった行為が、人生のあらゆる行為より価値を帯びてしまうのです。

もちろん、ビギナーズラックを当てたからといって、全ての方が依存症になるわけではありません。

しかし、突然「悲惨な体験」を被ることでPTSDを発症されてしまう方がいる様に、

突然「大きな当たり」を体験することで、ギャンブル依存症を発症し、「お金を賭ける」という行為に病的に囚われてしまう方がいるのです。

恥ずかしながら私自身、精神科医になってしばらくの間は「行為依存症」という病気について、その存在すら知りませんでした。

しかし、よくよく考えてみると、これとよく似た現象は、私たちの身の回りでも起きているのです。

「昔は〇〇が嫌いだったけど、××をきっかけに〇〇が大好きになった」なんて話がその典型で、

「キュウリが大の苦手で、匂いすら耐えられない」なんて方が、たまたま棒棒鶏(バンバンジー)を食べ「美味しい」と感じると、その後は棒棒鶏はもちろん、キュウリという野菜自体をも「美味しい」と感じるようになったり、

あとは、「ミスチルの良さが分からない」なんて方が、同僚がカラオケでミスチルを歌った際に「あれ、この曲すごくいい」なんて感じると、「それを機にミスチルの大ファンになってしまった」、

こうした話はいたる所にあるのです。

ネガティブな価値観が突然ポジティブな方向へと大きく揺れ動かされると、

私達の脳内には、消去することが極めて困難な「依存症回路」なるものが形成されてしまうのです。

プラセボのレシピ:第354話

タグ :

コメント(0)

コメントを受け付けておりません。