プラセボのレシピ

プラセボのレシピ header image 2

「シャブ山シャブ子」は意志が弱いのか ?

2018年11月13日 · コメント(0) · 依存症

モルヒネという物質をご存知でしょうか。

モルヒネは、薬剤としてはとても強力な鎮痛・鎮静作用があり、ガンなどの疼痛緩和医療において非常に有効である一方で、

強い依存性を持つために、世界各国で法律によって扱いが厳しく規制されている麻薬でもあります。

しかし、驚くべきことに、薬の教科書には以下のようなことは書かれているのです。

「麻薬を医療目的で適正に使用したならば、依存症や錯乱などの副作用は問題にならないことを患者に説明する」
(今日の治療薬2017:南江堂)

ここで言う医療目的とは「ガンの痛み」だけでなく、「骨折」や「重度の喘息発作」のことを指すのでが、なぜ医療目的であれば「依存症にならない」と明記されているのか。

それは、適切な医療によって骨折が治癒したり喘息発作が治まれば、一人で麻薬を用いているよりも、家族や友人・恋人などと過ごす方が楽しいからです。

しかし、その一方で「体ではなく心に強い痛みを抱えた人」が用いると、その痛みが取れない限り、モルヒネは「心の痛み止め」として継続使用されることとなり、端から見ると依存しているように映るのです。

参照:ねずみと覚せい剤のお話

もちろん、話はそんな単純なものだけではありません。

実際に麻薬でも覚せい剤でも、継続使用することによって脳内の報酬系が刺激され、コーヒーやアルコールのように「痛みがなくても欲しい」という状態になるのかもしれません。

しかし、少なくとも私が診察室で診てきた薬物依存主の患者さんたちは、誰もが「生き辛さ」を抱えた方たちばかりであり、

回復された(薬物を再使用することなく社会生活を送れるようになった)方たちは、ご自身の「生き辛さ」に対して、何かしらの解決策がとられてきた方たちなのです。

薬物依存症とはその薬物を意志が弱いから使っているのではなく、心の痛み止めとして手放せなくなっている状態であることを一人でも多くの方に理解して頂きたいのです。

参考書籍:薬物依存症 ちくま新書 松本俊彦著

プラセボのレシピ:第352話

タグ :

コメント(0)

コメントを受け付けておりません。