プラセボのレシピ

プラセボのレシピ header image 2

もったいないオバケ

2014年08月12日 · コメント(0) · ダイエット, 健康

夏になると、ダイエットの宣伝・広告がやたらと目につきます。

誰もが少なからず気になるダイエット。

今日は、このことについて考えてみたいと思います。

ダイエットを「難しい」と考えている人は少なくないようですが、理屈はとても簡単です。

それは誰もが知るとおりで、要は「食べ過ぎなければいい」のです。

そこで、僕からの提案として

もしあなたが痩せたいのであるならば、今後は食事の場面で

「もったいない」

この言葉を使うのをやめてみて欲しいのです。

(道徳的な話は、痩せるまで横に置いておいてください)

なぜなら、人はお腹が減っている時には「もったいない」という言葉を使わないからです。

「もったいない」

この言葉は、

「もうお腹は減ってはいないけど、でも食べたい」

そんな際に自分が造り出す、「食べるための言い訳」なのです。

「もったいない」

この道徳的な言葉があなたの脳裏をかすめた時は、

「これを食べて太ってしまう方が、よほどもったいないのでは」

たまには、こう自分に問いかけてみても面白いのでは、

と、僕は考えているのです。

プラセボのレシピ : 精神科医 山下悠毅

タグ :

コメント(0)

コメントを受け付けておりません。