プラセボのレシピ

プラセボのレシピ header image 2

「目標達成」の秘密

2014年01月18日 · コメント(0) · モチベーション, 成功哲学

年が明けてから3週間がたちました。

あなたは今年、「なに」を目標に掲げましたか?

そして、「なに」をもうやめましたか?     ※1

今日は「目標達成の秘密」、このことについて考えてみます。

「目標達成」、実はこれは理屈の上ではとても簡単といえます。

なぜなら、目標とは「続ければ」必ず達成できるからです。

(続けても達成できないものは、目標ではなく希望や夢です。)

では、どうしたら「続けられる」のしょう。

・紙に書いて机の前に貼る?

・手帳に書いて持ち歩く?

もちろんこういったことも、しないよりはマシかもしれません。

(僕は、プラセボだと思いますが……)

僕たちは、子供の頃から「三日坊主はダメだ」と言われて育ちました。

しかし、実は「三日坊主」がダメなのではなく

「三日坊主になってしまった」と気づいた時に、再び取り組もうとしないことがダメなのです。

(すぐに再開したならば、それは「小休止」になるのです。)

多くの人が「三日坊主」になった時点で、「自分は意志が弱かった」と考えてしまいます。

しかし、実はそれは間違った認識で「目標設定が今の自分には大きすぎた」だけなのです。

であるならば、例えば

「三日坊主になった」と気づいた時は、「目標を3分の1」に下げて再開する。

こう、決めておけばよいのです。

つまり、「三日坊主にならないように」頑張るのでは無く、あらかじめ「三日坊主になっても大丈夫」なように準備をしておくのです。

ジムに通う頻度、ブログの更新頻度、食事制限の量、マラソンの距離……

さすがに「3分の1」ならできるはずです。

「自分は意志が弱い」と、突然全てを放棄するのではなく、「今の自分が続けられることを続けていく」

こんなシンプルなことが、実は「継続の技術」であり「目標達成の秘密」なのです。

では、もし「3分の1」でも続かなかったなら?

こんなときはどうしたらよいのでしょうか。

さらに「3分の1」にしてみる?

いや、もはやそれは意味が無いでしょう。

おそらく、こういった人というのは「続かない」のではなく

「続ける気が無い」のです。

プラセボのレシピ:精神科医 山下悠毅

※1 これは、僕が昔読んだ何かの漫画に出てきたセリフです。知っている人がいたら教えてください (笑)

タグ :

コメント(0)

コメントを受け付けておりません。