プラセボのレシピ

プラセボのレシピ header image 2

禁煙レシピ③

2012年10月07日 · コメント(2) · 禁煙

僕の周りには、プライベート、そして日常の診療において

「タバコを止めたいのに止められない」という人はたくさんいる。

「タバコ」は確かに美味い。僕も25歳位までは、相当な本数を吸っていた。

もちろんその間「禁煙」に失敗した事も幾度となく有った。

そんな自分であるからこそ、タバコの「美味しさ」も「止める難しさ」も心得ているつもりであり、またそれを踏まえて今日は話をしていきたい。

ただしその前に、一つだけお願いがある。

ここから先は、「自分はタバコを止める必要が無い」と考えている方は絶対に読まないで欲しいのである。なぜなら、私はその考え方を否定していないからである。

禁煙願望の無い方が、「禁煙のすすめ」を聞かされても不快になるだけである。

さて、では話をしていきたいと思うのだが、私は5年ほど前に結婚をした。

お前の「結婚話」と「禁煙」に「何の関係があるのか」と思われるかもしれないが、まあ話を聞いて欲しい。

当然の事として「結婚」をすると多くの事に気づかされる。

そんな中で、もし「一番予想外だった事は何か」と尋ねられたならば、迷わず以下の事を答えるのである。

それは、結婚をすると「結婚している友人が増え、結婚している友人とより多くの時間を共にするようになった」という事である。

友人宅に招かれる際も夫婦共に遊びに行くようになり、、また招く際にも夫婦で招くようになったのである。

もちろんその理由は言うまでも無く、夫婦関係が円滑にいく為であり、なによりその方が楽しいのである。

そして、また男性同士の付き合いにおいても話題上、妻帯者と話す頻度が増えたのである。するとどうなるのか。

自分の周りには結果として「女性を大切にする、責任を持つ」男性が多くなったのである。

独身の時は、いわゆる「遊び人」などと呼ばれ、女性を軽く扱いがちな男性が私の周りには多かった気がしたのだが、結婚後数年たつと、そういった友人との付き合いが極端に減るのである。(男性に対してはいいヤツだったので寂しくもあるが、彼らが結婚するまでの辛抱と思っている。)

この事に気がついた時に「ああ、これは禁煙した時とおなじだなー」という感覚に包まされたのである。

禁煙すると、まず何が起こるか。

喫煙者の友人と話す機会が減り、禁煙者と話す時間が増えるのである。

飲み会でも仕事の休憩中でも、必然的に居場所や座席が異なるからである。

つまり、タバコを吸っていると

「タバコを止められない人」に囲まれ

禁煙に成功すると

「タバコをやめられる人」に囲まれるのである。

これは人生において、かなり大きな事なのではないか、と考えているのである。

もう何年も前だが、ある同窓会に出席したときの話だ。

当時仲が良かった友人は、喫煙席に多く集まっていたので、私はまずはそちら側に座った。すると、愚痴話や不満話がとても多かったのである。

「医者は不況とかないからいいよなー」とか

「医者は営業がいらないから羨ましい」とか

その他でも、結局は会社と政治への不満ばかりだったのである。

結果、私はそこでの会話を全く楽しめなかったのである。

そこでたまらず「禁煙席」の方に移ると今度は会話内容が大きく異なるのであった。

「経営難になる病院と、ならない病院との違いを教えて欲しい」とか

「病院もネットマーケティングが必要な時代だから一緒にやらないか」とか

起業している友人も多く、そもそも会話が喫煙席と異なり、情熱的で前向きなのである。

これは「偶然」なのか、それとも僕の「意識の色眼鏡」だったのかは分からない。

もちろん、社会的、経済的に大成功している喫煙者がたくさんいる事は百も承知である。

しかしまた一方で、反社会的な集団や犯罪者の喫煙率が極端に高い事もまた事実なのである。

喫煙に対する価値観は人それぞれ違うであろう。

だが、実際多くの喫煙者は、自身でタバコは「やめた方がいい」と考えているのである。

今後の人生において、自分の周りを

「やめた方がいいと思っている事をやめられない人」で固めていくのか

「やめた方がいいと思っている事をやめられた人」で固めていくのか

それは、あなた自身が決めていく事なのである。

タグ :

コメント(2)

  • tp

    はじめまして。
    いつも勝手に拝見させていただいてる者なのですが一度感想をお伝えしたいと思いましたのでコメントを残させていただきます。
    一言で言えば「面白い」といつも記事の内容を読んだ時に感じます。
    価値観や考え方については合う時も合わない時もあるのですが「なるほど」「そういう視点もあるのか」と納得させられることばかりです。
    似たようなテイストの記事を書かれる方もネットや書籍を見ていると沢山おられますが他から聞きかじったよく聞くような内容であったり、提示した話題の結論や自分の考えが無くもやもやする内容であったり、ということが多いように思います。
    それに比べこのサイトの記事は新鮮な印象を受けますし分かりやすく読んだ後もすっきりとした気持ちになることができ気持ちよいです。
    あまり文章を書くことが得意ではないので上手く伝わらないかと思いますが何が言いたいかというと、いつも素晴らしい記事をありがとうございます。
    ということに尽きます。

  • yuking

    tpさま

    ご丁寧なコメントをありがとうございました。
    これからもコツコツ、マイペースでやっていきたいと考えております。励みになります。