プラセボのレシピ

プラセボのレシピ header image 2

先週のブックレビュー

2011年10月16日 · コメント(0) · ブックレビュー

先週読んだ本の中で、特にお勧めの一冊をお勧めします。

「絶望な国の幸福な若者たち」  古市憲寿著

 

26歳の社会学者が「幸せ」な若者の正体を徹底的に取材し考えた一冊。

W杯の深夜、渋谷で騒ぐ若者たち。

ネット右翼の主催するデモに集まる若者たち。

そして震災を前に、ボランティアや募金に立ち上がる若者たち。

すべての現場に入り調査を重ねた末に見えてくるものは?

格差社会のもと、その「不幸」が報じられる若者たち。

だが統計によれば、20代の75%が現在の生活に「満足」している。

その理由はなぜか。答えは序文で述べられています。

お偉い年配な学者さんが「未来の日本論」を語ると、どうしても、他人事、綺麗事になってしまうのだが

26歳の社会学者が語ると、自身の問題として、しっかり捉えている点がとても新鮮であり、また多くの発見を与えてくれました。

また、現代の若者へ対するマーケティングを考える上で、重要な事も多く含まれています。

著者の古一先生、26歳時の僕と比べると、数倍賢く、かつお洒落だと感じました。。。

絶望の国の幸福な若者たち

タグ :

コメント(0)

コメントを受け付けておりません。