プラセボのレシピ

プラセボのレシピ header image 2

ダイエットについて①

2011年09月02日 · コメント(0) · ダイエット

多くの人が挑戦する「ダイエット」。これはなかなか難しい。なぜか。

これと似たようもので禁煙もある。しかしダイエットで比べると、「難しい」とされる禁煙ですら圧倒的に成功率は高い。

我々の周囲でも禁煙に成功した者はたくさんいる。しかし、ダイエットを継続的に成功させている人は皆無なのではなかろうか。

これは、タバコは吸わなくても問題は無いが、食事は食べないわけにはいかないからであろう。ダイエット同様、禁煙挑戦者に「毎日、3本だけは吸う生活」を強いたなら、禁煙の成功率はダイエットと変わらないのかもしれない。

つまり「依存」から逃れるには、「完全なる離脱」が最適なのである。ところがこのダイエットに関して言えば、食事からの離脱はできない。では、どうしたら良いか。

もちろん私にもそれは分からない。しかし、いくつかのヒントを提示する事は可能である。

まずは、現実をしっかりと見渡す事が必要であろう。

ダイエットは、お金持ちの経営者や、首相レベルの代議士であっても成功できていない。そして医学知識を備えている医師の中にも、肥満はとても多いという事実がある。

つまり、いくらお金をかけようと、権力を行使しようと、知識を入れようと、ダイエットに成功できないという事だ。

残念ながら、高価な「特殊マシーン」や「サプリメント」はもちろん、自発的に「書物」等で効果的な食事方法や運動方法を学んだとしても、成功できないのである。

 ではどうしら良いのだろうか。もう少し掘り下げていこう。

そもそも「ダイエットの原理」は単純である。これは誰もが知っている。使うエネルギー量よりも、摂取するエネルギーを減らせばいい。これだけである。

要は食べ過ぎなければいいだけの事だ。

一つ例をあげよう。

巷には多くの「お金持ちになる方法」といった本が売られている。これも全く同じ原理である。

「収入を増やす、もしくは支出を減らす」全ての本が、このどちらかについて書かれているのである。

「借金が減らない」と嘆いている人は「収入の少なさ」を訴えるのがパターンである。しかし、収入は、すぐに自分では変えられない。ここに原因を置くメンタリティーは、間違っている。逆に支出の調整はいつでも自分で変えられるはずだ。すなわち収入にみあったお金の使い方さえすれば、必ず借金は減るのである。(「ご利用は計画的に」とうたう消費者金融の宣伝があるが、あれは「計画的でない人物」を歓迎しているところに矛盾がある。)

体重もこれと同様である。

体質、不規則な仕事、疲れ、残業、原因を自分の「外」、すなわち「変えられないもの」に原因を求めている限り成功する事はない。(ちなみに体質改善と銘打ってる商品やサービスが多数存在するが、体質を意図的に変えることは遺伝子操作を用いない限り、100パーセント不可能である。)

つまり原因を自分の「内」、すなわち「自身の心」に置く事が、まずはダイエットの第一歩と言えよう。

では、「心」を鍛えればいいのか。残念ながらそんな単純な話ではない。

そもそも何故、肥満に悩んでいる人がこんなにも多いのか。意志が強い人でもなかなか成功しないのは何故なのか。

続きは明日、述べていく。

タグ :

コメント(0)

コメントを受け付けておりません。