プラセボのレシピ

プラセボのレシピ header image 1

PTSDの予防について

2018年07月17日 · 人生

このたびの西日豪雨について、東京スポーツさんへ寄稿をしました。

https://www.tokyo-sports.co.jp/nonsec/social/1062673/

→ コメント(0)タグ :

とある空手家から読み取る、人格を表す3つの指標

2018年07月14日 · 健康, 学習、教育、子育て

先日、私は東京都練馬区にある、極真会館城北支部大泉道場へ、初めて稽古へ行ってきました。

そして、その感想はと言うと、高橋先生の指導内容から所属されている生徒さんまで、本当に素晴らしい道場でした。

なぜあんなにも大泉道場は素晴らしいのか。

もちろん、その答えは責任者の高橋佑太先生にあるのですが、その理由について自分なりに考察をしてみました。(高橋先生は現役の極真会館の無差別級王者です)

私自身も定期的に空手の指導をしているのですが、

極論、空手を指導する人間とは、「人を殴る方法、蹴る方法」を教えことを業としている存在だと言えます。

つまり他の職種と比較して、より指導者の人格形成が求められるのです。では、その人格形成のバロメーターとは何で図られるのか。私は以下の3つの指標を基準にしているのです。

① 服装

高橋先生は、常にきちんとした身だしなみをしています。レセプションや選手権などの会場でも、常に革靴を履きネクタイをしめているのです。

服装の本質とは周囲への人に対する気遣いです。高級レストランではドレスコードが課せられるのも、ジャージやTシャツ、短パンやサンダルに対して、一定の人が不快感を示すからです。

当然のことながら、ネクタイを締めれば首元は苦しいですし、革靴を履けば足元は蒸れます。しかし、そんな我慢を周囲への気遣いとしてできる彼の姿勢に、私は彼の高い人格を感じ取るのです。

② 言葉遣い

指導における、高橋先生の言葉遣いは本当に綺麗でした。あらゆる生徒に対して丁寧語ベースで接し、激を飛ばす際の口調も穏やかなのです。

これは衝動性のコントロールがなされていることを意味しており、また全ての生徒に対して敬意を持って接している表れだと言えるでしょう。

③ 家族との関係性

高橋先生のプライベートをここで私が書くことは不適切かもしれませんが、先生はご自身の奥様やお子さんとはもちろん、ご両親やご兄弟とも本当に仲が良いのです。

人間関係で最も困難なのは愛(家族)のタスクである

これは心理学者アルフレッド・アドラーの言葉ですが、アドラーは「家族との人間関係は、職場やプライベートでのそれよりはるかに難しい」と説いています。

つまり、その人物の人格を図る指標として、家族を大切にしているか否か、良好な関係性を育めているか否かは、極めて有用な指標となるのです。

高橋佑太先生は高い人格を備えられた空手家であり、彼の主宰する道場は、安心して子供を預けることができる道場だと私は感じたのでした。

極真会館東京城北支部大泉道場

kyokushin-johoku.com/dojo/ohizumi/oh_index.htm

プラセボのレシピ:第341話

→ コメント(0)タグ :

オトコの取説[10]もし、彼が「優しくなくなった」なら

2018年07月11日 · 依存症, 恋愛

彼から優しくされたいのなら「男の○○心理」を理解しよう。


 

「最近、めっきり彼が優しくなくて」

こんな相談はよく受ける。

●付き合う前までは、あんなに優しかったのに
●最近はメールもほとんど返してくれない
●ひょっとして、もう彼は自分のことを好きではないのかもしれない

こんな時、女性はどうしたらよいのだろう。


 

あなたは男性について「何」を知っていますか?

僕がこれまで出会ってきたいわゆる「恋愛上手」の女性達は、例外なく男性心理についてたけていた。

以前、僕は「男の愛とは責任感」といったことを書いたけど、これだって本当の意味で理解できている女性なんて、ほんの一握もいないだろう。

彼があなたに体型のダメ出しをするのも、なかなかプロポーズをしてくれないのも、実は「男の責任感」がその背景には存在している。

だから、たった一言あなたが

「私にそんなに責任なんて感じる必要ないからね」

と優しく言うだけで、彼の発言や行動を大きく変えることができるのである。

まあ、これについてはまた別の機会で話していきたい。


今日、話したいこと。

それは「男はみんな、コレクター」だということ。

男の最も強い願望の一つに「コレクション」というものがある。

気に入ったものを収集したい・集めたい。

男は誰もが、多かれ少なかれこの願望を持っている。

そして、この願望には少しばかりやっかいな点がある。

それは何かというと「目的が結果ではなく過程にある」ということである。

「どうしてもあれが欲しい」と言いながらも、いざそれが手に入るともう次の物に目がいってしまう。

これが女性には理解しがたい男のコレクション願望なのである。


「痴漢の目的」とはなにか

僕は仕事で「痴漢が止められない」、そんな患者の治療も行っている。

当初、僕はこういった患者のことを僕は全く理解ができなかった。

まあ今も完全には理解できていないが……。

だって、考えてもみて欲しい。

「触るだけって」??

よけいにムラムラしそうなものである。

歌舞伎町のどこを探したって、「服の上から女性のカラダを触るだけの風俗店」なんてないだろう。

でも、よくよく患者の話を聞くと、どうやら痴漢とは「ギャンブル」に近い心理と関係しているようなのである。

つまり、彼らは「ひょっとしたら触れるかも」そんな一か八かの行為における過程に興奮を覚えているのである。

そう考えると、痴漢のみの風俗店が存在しないことも理解できる。

彼らは性的なことを成し遂げる結果に満足したいのではなく、あくまでも過程に興奮を覚えているのである

まあ、その心理の根底には、触られる女性の気持ちを理解できない浅はかさや、傲慢さといったものもあるのだろうが。


話が少しそれたので戻してみたい。

つまり、何が言いたいのかというと「男は過程に燃える生き物」なのである。

そして、これは恋愛においても同様である。

男が恋愛で最も頑張るのはいつか。

女性には嬉しくない事実だが、それは「相手を落とすまでの過程」なのである。


男は、手に入れたら「次」に目がいく。

確かあれは10年ほど前のことだったと思う。

友人との付き合いで高級腕時計のバイヤーと話す機会があった。

そこで僕が

「こういった高額な商品は、どのようにして売っていくのですか」

と尋ねると、その店員さんはあっさり

「過去に高級腕時計を買われた方に手紙を送るんです」

と答えた。

当時の僕にはその意味がよく理解できなかったのだが、今となってはとてもよく分かる。


男は「コレクター」の生き物なのである。

「最近、めっきり彼が優しくなくて」

それは、彼のコレクターとしての本能がそうさせているのである。

では、彼と付き合ったあと、あなたはどうすればよいのだろう。

少し長くなったので、次回じっくり話していきたい。

→ コメント(0)タグ :

究極のアンガーマネジメント

2018年07月05日 · 人生

「曲がったことが許せない」

と考える人がいます。

・政治家の汚職をきちんと解明するべきだ

・問題を起こしたのに、テレビに出ているタレントはおかしい

こうした意見を日々、発信している人は、決まってある信念を備えています。

それは「世の中には絶対的な正義が存在する」というものです。

しかし、残念ながら、世の中に「絶対的な正義」なるものは存在しえないのです。

たとえば、桃太郎の話。

もし、あなたが「鬼が島に生まれた子供の鬼」であっなら、この話は「日本刀を持った人間が、猛獣を引き連れ宝を略奪していく話」となります。

私は「寄生獣」という漫画のファンなのですが、地球にとっては人間こそが、他の生態系を破壊し、星の存続すら脅かす脅威なのです。

「人を殺めてはいけない」こんな当たり前の話ですら、戦争になれば人は人を容易に殺めますし、「不倫は最低」たしかに自分が実害に合うのは避けたところですが、一夫多妻制の国で幸せに生きている人もたくさんいるのです。

そして「弱いものいじめをしてはいけない」、もしこの理屈を徹底したならば、資本主義において、生き残ることは極めて困難だと言えるのです。

「ルールの下で競っているのだから、それはあまりにも論理が飛躍している」と感じた方もいるかもしれません。

しかし、ではそのルールを作っているのは、そして変えているのは誰なのでしょうか。

残念ながら世の中には存在するのは「正義」ではなく「権力」なのです。

そしてこの事実を正確に理解することで、人は怒りという感情のほとんどを手放すことができるのです。

コメントは受け付けていません。タグ :

オトコの取説[9]自分のことを好きになれない人の恋愛とは

2018年07月03日 · 恋愛

人は、様々な理由で恋をします。

女性が100人いればそれこそ100通りの恋の形があるはずです。

しかし多くの場合「人が人を好きになる過程」は以下のパターンで進んでいくのです。


① 好意は。自分と似ている所から始まる。

人は、自分と似ている人に安心感を覚えます。

仕事でも趣味でも、また好きな食べ物なんかでも、とにかくお互いに共通点があると人は相手に親近感を覚るのです。

そして「自分と似ている人なら自分を理解してくれるはずだ」と考え、好意を抱くのです。

よく「夫婦は顔が似てくる」などと言いますが、実は、始めから外見の似ている人同士が結婚したに過ぎないのです。


② 恋は、自分とは違う所から生まれる。

共通点から生まれた好意は、相手が「自分には無い物」を持ちあわせていると、そこから恋に発展するのです。

「同僚の男性が仕事に賭ける想いを語るのを聞いてキュンと来た」なんてエピソードはよく聞く話です。

「自分と似ていると思っていたら、実は○○でビックリした」こんな状態こそが、実は恋の始まりなのです。

しかし「自分を大切にしない人」の恋のパターンはこの形からは外れます。

どう、外れるのかというと、彼女はいきなり② から入るのです。なぜでしょうか。

それは、彼女が「自分のことが好きではない」からです。

見た目だったり性格だったり。

それはその人によって異なるのですが、ただそういった理由から彼女は「自分と似ている人」を避けるのです。

そして、ではどんな ② を求めるのでしょうか。


それは「自分のコンプレックスを埋めてくれるような相手」を求めるのです。

・学歴にコンプレックスがあれば高学歴な人を

・体型にコンプレックスがあればスリムな人を

・ルックスにコンプレックスがあればイケメンを

このような形の恋は、はたかた見ると普通の恋とさして変わりはないのですが、その『結末は大きく異なる』のです。


そもそもコンプレックスとはなんなのか?

「人は短所で悩む」と考えている人は多いのですが、実はちがいます。

人は、短所でなく長所で悩むのです。

例えば、僕は中国語が話せない事に対してなんのコンプレックスもありません。

しかし、英語がペラペラな同僚に対しては、少なからずやっかみを覚えます。

なぜでしょうか。

それは、僕が少なからず英語が話せるからです。

つまり、分りやすく言うならば「1.5流の人が1流の人に憧れる」。

これがコンプレックスの正体なのです。


自分を好きでない人は、「自分のコンプレックス埋めるため」に恋をする。

彼女にとって、付き合うこととは「自分のコンプレックスを克服する手段」なのです。

そして、もし相手からふられようものなら、それは「過去の自分に逆戻り」する事を意味するのです。


こうした状態はもはや「恋」ではなく「依存」と表現したほうが適切かもしれません。

一緒にいるときは「尽くしている」と考え、自分の心をおし殺してでも相手の言いなりになってしまう。

しかし、彼に会えない時間が続くと、今度はとめどもない不安からアルコールやドラッグにおぼれたり、または複数の男性と関係を持ったりと、直接的にも間接的にも自分を傷付けてしてしまうのです。

僕の診察室には、たくさんのこうした女性が訪れます。

彼女はいつだって「自分を好きになれない」「彼から優しくして貰えない」と訴えるのです。

悲しい生い立ちの人も少なくありません。

なぜ、彼女はいつも恋愛で苦しんでしまうのでしょうか。

そして、どのようにすればそこから脱することができるのでしょうか。

本書は、そんな答えを知りたいあなたのために書きました。

コメントは受け付けていません。タグ :

質問力について

2018年06月28日 · 人生, 仕事

「いい質問」とは何か。

それは、された相手が、
つい自慢話を始めてしまうような質問のこと。

「悪い質問」とは何か。

それは、された相手が
「論破された」と感じてしまうような質問のこと。

プラセボのレシピ:第341話

コメントは受け付けていません。タグ :

オトコの取説[8]あなたの選ぶべき男とは

2018年06月26日 · 恋愛


男の愛とは何か

男の愛とは何か。それは一言で言えば責任感と呼ばれるものなのだと思う。

精神科に勤務していると感じることだが、例えば妻がアルコール依存症などになったとしても、それだけが原因で夫が離婚を口にすることは聞いたことがない。

一方、夫がなった場合はシビアなもので、妻はさっさと見切りをつけて、どこかへ去っていってしまう場合が少なくない。


なぜ、あなたの彼はすぐにダメ出しをするのか

・「少し太ったんじゃない?」
・「もう少し真剣に仕事に向き合ったら?」

彼の「ダメ出し」に、うんざりしている女性の相談はよく受ける。

しかし、実は男は本当に好きな女性以外にはダメ出しをしない。

彼は、将来に渡ってその女性に関わる覚悟や責任感がある為に、その彼女の未来を案じてダメ出しをするのである。

そういう意味では、男の愛はある種の親心にも似ているのかもしれない。


不倫にはまる女性たち

仕事上、不倫の相談もよく受ける。

僕がその女性に向かって「なぜ先の見えない不倫にハマるのか」と尋ねると、多くの場合で「彼はすごく優しいんです」なんて答えが返ってくる。

では、なぜその彼は優しいのか。もちろんそれは、彼がその相手の女性のことを愛してないからだと思う。

愛していないがゆえに、責任感が生まれず、ダメ出しをしないのだろう。

彼は、彼女が少しくらい太ろうが、仕事を甘く考えていようがそんなことはどうだっていいのである。


男をどこで見ればいいのか

繰り返しになるが、男の愛とは責任感である。

つまり、女性はそこから生まれてくる一貫した男の行動を見なければならないのである。

こういう話をすると「じゃあ、LINEの返事が遅い彼は、私を愛していないのか」などと聞いてくる女性がいるが、こういった女性は何も分かっていない。

そもそも 男とは 、そんな「目の前の小さなこと」を見ていないのである。

こう言えばもっと分かり易いかもしれない。 LINEの返事をすぐに返すことなど 、それこそ不倫男にだってできるのである 。

つまり、そんな部分では「男の愛」などとうてい測れないのである。

確かに、不安に弱い女性にとってはそういう部分こそが大切だったりはするのだろう。

しかし、だからといってそれを男に求めているようでは、いつになっても男の本質は理解できないし、悪い男に容易につけこまれかねないのである。


あなたの彼は、将来を見据えて何をしていますか

あなたが選ぶべき男とは

あなたを幸せにするために 、そして守るために 日々努力を重ね、責任感を持って生きている、 そんな男 を選ぶべきなのである。

少しくらい服装がダサかろうが、流行りのお店にうとかろうが、そんなものはあなたが選んであげればよいのである。

そんなことよりも、日々社会や経済・政治などを勉強し、そしてコツコツと継続した 勉強・努力を重ねている。

そんな男を選ぶべきだと僕は考えている。

コメントは受け付けていません。タグ :

いい子をやめれば幸せになれる(第18話)

2018年06月23日 · 人生, 仕事, 恋愛

自分の親について考える

「条件つきの愛」という言葉を知って、あなたは今、何を思われているでしょうか。

お気づきかもしれませんが、あなたの自己肯定感が不足していることと、「条件つきの愛」には少なからず関係があります。

ただし、ご両親にその事実を伝えて、現在あなたが苦しんでいることへの謝罪を求めるといったことはしないほうがいいでしょう。

なぜなら、仮にそこで親御さんから謝罪をされようものなら、ますますあなたは「自分は親のせいで幸せになれない」という信念を強めてしまうからです。

つまり、親御さんからの謝罪は、あなたの自己肯定感を高めるどころか、ますます下げてしまうのです。

大切なことは、あなたが自分の力で自己肯定感を高め、生きやすくなることです。

ではどうすればよいのか。まずは以下の2点について確認しておきましょう。

1 自分の子供を愛していない親はいない

2 「条件つきの愛」を与えてしまう親の自己肯定感もまた不足していた

1つ目については子育てをしたことがある方ならば誰でも知っていることです。

人間は他の動物と比べて、あまりにも未熟な状態で生まれてきます。

誰かがミルクの世話からおむつの世話まで昼夜を問わずケアしてくれたおかげで、私たちは今こうして生きているのです。

「そんなことは親として当たり前のことでしょう?」

たしかにその通りかもしれません。しかし、親として当たり前のことをしてくれたというその事実こそ、そこに親子愛が存在していた証なのです。

そして2つ目に、あなたの親もまたあなたと同様に「どうせ自分なんて」「自分は何をやってもダメ」といった思いに苦しんでいたはずなのです。

そして、「自分のコンプレックスを子供が代わりに満たしてくれたなら、自分は自分のことを好きになれる」、こうした思いから、あなたに対し「親のコントロール願望」なるものが生まれてしまった可能性を考えてみていただきたいのです。

現時点では、私の話のすべてには同意できないかもしれません。

しかし、あなたの苦しみの原因があなたの親からの「条件つきの愛」であったのと同様に、あなたの親もその親からの「条件つきの愛」で苦しんできたのです。

そしてその親の親もまた、という話であるならば、これはもう誰が悪いという話でなく、誰も悪くないのです。

コメントは受け付けていません。タグ :

いい子をやめれば幸せになれる(第17話)

2018年06月20日 · 人生, 仕事, 恋愛

「条件つきの愛」とは

最も一般的な愛の形に、親子愛があります。

さきほど、「愛」とは「〜だけど好き」な気持ちであると説明しました。

親にとっては、たとえわが子が美形でなくても、勉強があまり得意でなくても、「やっぱりうちの子供が一番かわいい」のです。

しかし、親が子供にそうしたメッセージを上手に伝えられなかったり、子供がそうした親の想いを受け取ることが苦手であったりすると、子供は自己肯定感を育むことが困難なまま成長してしまうのです。

心理学には「条件つきの愛」という言葉があります。

これは「〜だけど好き」ではなく「~であるなら好き」という愛情のことです。

私が知るかぎり、自己肯定感が不足している方は程度の差こそあれ、養育者からの「条件つきの愛」を経験していました。

ナオミさんも例外ではありません。

□ 学校や習い事の成績がよければ「いい子」
□ お手伝いをきちんとすれば「いい子」
□ 人前で親に恥をかかせなければ「いい子」

一方でテストや習い事の成績が悪かったり、親の言いつけを守らないと厳しく叱られました。

□ あなただって「やりたい」って言ったじゃない
□ あなたのためを思って言っているのになぜわからないの?
□ 妹はできるのに、どうしてあなたはできないの?

そのためナオミさんはいつも「どうすればお母さんから『いい子』と呼ばれるか」を行動の基準にして生きてきたのです。

コメントは受け付けていません。タグ :

出版記念セミナーを開催します(満御礼となりました)

2018年06月19日 · 人生, 仕事, 恋愛, 成功哲学, 深層心理, 社会精神医学

いい子をやめれば幸せになれるセミナー(前編)
「自己肯定感を高めるただ1つの方法」

「自己肯定感を高める本質とは何か」について、著者が余すことなく解説をしていきます。5つのステップの解説はもちろん、ページ数の関係で止む無く割愛となった「親子関係」についても心理学的な観点から掘り下げて解説をしていきます。

日時:2018年7月20日(金)
時間:19:30 〜 21:00(終了後に懇親会を予定しております)
場所:東京都中央区日本橋浜町2-35-4 BOOKSHELF CAFÉ
料金:3000円(別途ワンドリンク制)
定員:30名
講師:山下悠毅(精神科専門医 榎本クリニック院長)
主催:合同会社ROL(領収書の発行が可能です)

また、講演開始から15分以内は退席が可能です。その際はセミナー代金を全額返還させて頂きます。

コメントは受け付けていません。タグ :